読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nifty Cloud Mobile BackendをPythonから使う

python 作った

Nifty Cloud Mobile Backend

Niftyが提供するmbaas(Mobile Backend as a Service)へのリクエストを行うPythonモジュールを作成しました

pypi/py_nifty_cloud

pypiに登録したので、

pip install py_nifty_cloud

でinstall出来ます

Githubにもpetitviolet/py_nifty_cloudあげてあります。

Python3.4.1とPython2.7.7で動作します。

作った目的

Nifty Cloudにrequestを送る際にシグネチャを作成する必要があり、非常に面倒でした。
Rubyからの方法はRubyからmBaaSにアクセスしてみるにありますが、Pythonを使ったものが見付からなかったので作りました。

使い方

GithubのREADMEに書いてあります

基本的な使い方としてはpath, query, methodをNiftyCloudRequest#requestの引数に渡せばリクエスト出来るようになっています。

また、下準備としてyamlファイルにAPPLICATION_KEYとCLIENT_KEYを保存しておく必要があります。
インスタンス生成時にそのyamlファイルへのpathを渡すことで読み込みます。
デフォルトだと$HOME/.nifty_cloud.ymlを読みにいきます。

# import
from py_nifty_cloud.nifty_cloud_request import NiftyCloudRequest

# instanciate with yaml file contains APPLICATION KEY and CLIENT KEY
ncr = NiftyCloudRequest('~/.nifty_cloud.yml')
path, = '/classes/your_class'
query= {'where' : {'product_name': 'sample_product'}}
method = 'GET'

# standard way to request
# get recodes which matches a query from path, with GET or POST http method
response = ncr.request(path=path, query=query, method=method)
type(response)
# >>> requests.models.Response

# show status code
print(response.status_code)
# show response as json format
print(response.json())